表参道 歯医者|タカシデンタルクリニック Rotating Header Image

アーカイブ: 2006

イルカの話

鯨とイルカ、似ているけれど私が連想する事はかなり違います。
「あの味が忘れられない、もう1度食べたい」これが鯨。
小学生の時、給食で出た鯨の竜田揚げの味、思い出の味です。
大好きだったので母親に頼んで作って貰った事もしばしばでした。
おいしかったです。
イルカ、こちらはまずフリッパーです。
昔のアメリカンTVドラマです。
内容はよく覚えていません。
確かバドと言う少年(声:中村メイコさん?)がペットのように可愛がっていた頭の良いイルカの出てくる物語でした。
「やあ、僕バド、、、」ってセリフが頭に残っています。
あと、海底少年マリンと言うアニメ。ここにもホワイティーという文字通り白イルカが出て来ました。
「OK、OK、7つの海は~♪」と言う主題歌と
「ぴゅーぴゅーぴゅーほら呼んでいる~、マリンの傍へひと泳ぎ~、ホワイティ~、、♪」
というエンディング曲なんかを覚えています。
懐かしいです。
実は何故きょうイルカの話を出したか、と言うと揚子江川イルカ絶滅のニュースを聞いたからです。
揚子江だけにしかいない淡水性のイルカが今回の調査で1匹も確認できず、絶滅したそうです。前回の調査では1匹のみ確認できたとか。
このイルカも80年代にはまだ数百匹はいたそうです。
この先まず間違いなく絶滅するであろう種に入っていながら有効な手段が取れなかった訳です。
何もしていない門外漢の私が非難する権利はないでしょう、何とか絶滅の危機から救おうとしていた人達もたいへんな努力をしていたと思います。
自然の摂理なのか、人間の業の結果の一部なのかは分かりません。
毎日クルマに乗っている自分が環境に対して一体何ができるというのか?
何が出来るか分からないけど何もしない訳にはいきません。
本当に難しいです。

昨晩は雨で全くダメでしたが、きょうはこれから晴れるそうなので夜空を見上げようと思います。
何ができるか考えながら。

日付: カテゴリ:Weblog

厳しい状況

昨晩雨は上がっていたのですが厚い雲に阻まれて流星は見えませんでした。
今は晴れていますがこれから下り坂という残念な予報が出ています。
今夜が1番流星が多く見られると聞いていたので何とか持って欲しいです。
何度か流星の情報を聞いていたのですが、夜になると見るのを忘れてしまったり、天気が良くなかったりでチャンスを逃しています。
数日前から今度こそという気持ちが強いのですがどうも望み薄のようです。

日付: カテゴリ:Weblog

体調

この2週間くらいちょっと体調が良くない日が続いていました。
もちろん仕事を休む程の事ではありませんでしたが。
頭が重く首筋が張り疲れが取れず足裏が痛い状態でした。
鼻と目が痒く元気が出ない感じでした。
歳のせいで風邪が治りにくくなっているのだと思っていました。
どうも違っていたようです。
まず首筋の張りは湿布でだいぶ良くなったのですが、原因は腹筋運動だったようです。毎晩寝る前に30回するのですが、その時両腕を首の後ろで組んでしていました。思い切り力を入れて上体を起こす時に図らずも首の骨をずらしてしまっていたようです。首の後ろに腕を組まないようにしてから寝違えた様な症状は消えました。
また足の痛みは靴が合っていなかったようで靴を思い切って代えてからとても楽になりました。
鼻と目は何かの花粉が原因のようです。こちらは治っていません。
体の調子が悪い時は何故なのか思い巡らせているとふと原因が浮かんでくる事もあるようです。きょうは元気です。

日付: カテゴリ:Weblog

明後日の夜

もう暫く流れ星を見ていません。
子供の頃は夜空を見ていれば1つや2つの流星は見えたような気がします。
14日前後の夜空に双子座流星群が期待できるそうです。
夕暮れは東の空に夜中は真上に見えるそうです。
多いのか少ないのか分かりませんが1時間に30個くらい観測できそうだとラジオで伝えていました。
夜空を見るなんて忘れていた事ですが、今回は忘れずに見ようと思います。

日付: カテゴリ:Weblog

銀杏並木

この近所や通勤途中にいちょう並木が3つあります。
青梅街道沿い、日赤通り、青山2丁目の銀杏並木の3つです。
もうどこも車道と歩道の境辺りは黄色で場所によっては車道まで黄色く染まっています。
今朝おじいさんおばあさんがいちょうの落ち葉をお掃除していました。
時々車道に出てきたりしてちょっと危ないとも思いましたが
この寒い中、有難い事だなあ、と通り過ぎました。
が、何か変です。そのような人達があちこちにいます。
手にビニール袋を持って。
銀杏は「いちょう」とも「ぎんなん」とも読めます。
その人達にとってはいちょう並木ではなくてぎんなん並木だったんですね。
別にどうでもいい事ですが、夢中になってると事故が怖いなあ、とか売ってる銀杏よりおいしいかも?とか、臭いだろなあ、とか勝手に思ってしまいました。

日付: カテゴリ:Weblog

胡蝶らん②

映画でも何でも続編は出来の良くないモノが多いです。
今日は胡蝶らんの続編です。
胡蝶らんという言葉が何故か浮かびませんでした。
シンビジュームと書いていましたが、そうではありませんでした。
ファレノプシスという洋名でした。
水苔が乾燥してきたら水遣りなんだそうですが今ひとつ分かりません。
つい水を遣りたくなってしまいます。
昨日、2つの鉢の片方で花が3つもしおれていました。
頂いてから数日なので環境が合わないのか、水を遣りすぎたのか心配です。
運ぶ途中で花をどこかにぶつけてしまったのかもしれません。
開花期が長い花ですから何とか元気でいて欲しいです。
今見たらまた2つしおれ始めていました。
カーテンか何かで傷めてしまった可能性もあります。
ネットの関連ページによるといくつか花がしおれてきたら切花にすると良いとありました。でも流石にまだ早すぎです。
両方とも3本の枝にそれぞれ6~8つの大きな花が付いています。
完全に開花期が過ぎる前に枝切りをすると良いそうです。
室温が下がり過ぎると良くないそうなのでこれから休みの日が気がかりです。
まだいつ水を遣ったらいいのかどれくらい遣ったらいいのか全然分かりません。
他に植木鉢が9個置いてありますが何となく水を欲しがっているのとかが分かります。
もう少ししたら胡蝶ランの気持ちも少しは分かって来るかもしれません。

日付: カテゴリ:Weblog

胡蝶らん

7階に法律事務所さんが出来ました。
エレベーターで何度かそこの弁護士さんと顔を会わせました。
挨拶程度でしたが、お祝いに貰った花が沢山あるという事で
先日お裾分けして頂きました。
立派な白の胡蝶らんを2鉢頂きました。
開院当時胡蝶らんを頂いたのですが、花が終って暫くすると葉も茶色くなってしまい、だめにしてしまった経験があります。
うまく育てると翌年も開花するそうですね。
かわいそうな事をしてしまいました。たぶん水を遣り過ぎてしまったのだと思います。
今回はネットで育て方を調べています。

日付: カテゴリ:Weblog

54階

防衛庁跡地の建物の事について以前書いた事があるのですが
今朝のラジオでも話が出ていました。
来年の3月下旬には完成予定のようです。
ビルの名前は東京ミッドタウンとか言ってました。
ヒルズの左側に見えるビルかもしれません。
同じ54階ですがヒルズよりも10m高いビルになるそうです。
こんなとこでも張り合っているみたいです。

日付: カテゴリ:Weblog

やっぱりおかしい

本格的に昨晩からイルミの点灯が始まりました。
今朝の新聞の1面にも出ていました。
和の灯なんだそうです。
太夫道中ってのもあったとか。
やっぱりへんです。
ケヤキの木に電球を付けると熱で傷むのでイルミを中止した、と言うのも尤もな話ですし、
復活に際して街路灯を利用するのもいいでしょう、でも何でこの時期に和式なんでしょう?
外観は和に近いですが(洋ではないという意味で)その和の灯にしても色が変化するものでとても和風とは言えません。
和の独自色を出したいのならこの時期は却っておかしいし、この時期を狙うのであればやはり和は止めるべきだと私は思います。
まあ、新聞に出た事で以前の美しかったイルミは91年から98年まで行われていた、という記事を読めた事は良かったです。もう8年も経つんですね。

日付: カテゴリ:Weblog

えっ、イルミネーショん?

一体、いつからイルミネーションの点灯が始まるんだろう?
と思っていました。
先日お知らせした街路灯の枠がどうもそうらしいのです。
今朝写真を撮ってみました。昼間ですから当然点灯はしていませんが
昨晩見て少々がっかりしました。
白い部分が色々な光の色に変わります。まるで巨大な灯篭か行灯のようです。
落ち着いた感じはしますし、これならケヤキの樹も傷む心配はありません。
でもこれではクリスマスの感じはしません。
これから毎年の行事になるのなら改良されて行くでしょうが、イメージと違いすぎてがっかりです。
特別クリスマスに人が集まる事もないでしょう。
それにしてもケヤキの幹に付いていたコードらしき物体は何だったのでしょう?
イルミネーションを取り付ける準備だと思っていたのに。

日付: カテゴリ:Weblog