表参道 歯医者|タカシデンタルクリニック Rotating Header Image

インプラント、左上5番。ソケットリフト、骨圧縮、PRF、人工骨併用

術前のX線画像。

このままインプラントを埋入すると上顎の空洞(上顎洞)に突き抜けてしまう。筒状に骨を上顎洞に押し上げ(ソケットリフト)、不足する骨は人工骨をPRFと混ぜ填入する事にした。

 

術後のX線画像。埋入したインプラントの先端部分に見える盛り上がりがソケットリフトし、押し上げた部分である。

 

 

 

通常、私の所のシステムではインプラント埋入後、インプラント上部のネジを外す行程がある。

骨の状態が良くない時にはネジの逆転の応力でインプラントに無理な力をかけてしまう危険性がある。

今回、周囲の骨を圧縮しているので、植立状態は決して悪くなかったのだが、安全性を考え、事前にインプラント本体にジョイント部を付けた状態で埋入した。

これで埋入後のインプラント上部のネジを外す行程を省く事ができた。

 

表参道の歯医者 タカシデンタルクリニック

>日付:   カテゴリ:インプラント、PRF、GBR, ソケットリフト