表参道 歯医者|タカシデンタルクリニック Rotating Header Image

前歯部のインプラント、骨造成、PRF併用。

HB793_140309115654術前の状態。例によって、唇側の骨は吸収している。

麻酔後、手術用ステントで位置決め、角度の確認をした。

 

 

 

 

 

 

HB793_140316121701切開したところ。再度ステントで確認する。

 

 

 

 

 

 

HB793_140316131037インプラントを埋入し、骨吸収した部分にPRFと人工骨顆粒を添加した。

複数本の埋入にはガイドピン、深度ゲージが非常に役立つ。

 

 

 

 

 

 

HB793_140316133514減張して丁寧に縫合した。

人工骨だけだと顆粒の保持に苦労するが、PRFを併用することにより、PRFが糊の役割をしてくれるので正確かつ楽に骨造成処置ができる。

 

 

 

 

 

HB793_140316133530仮歯を着ける前に術野を殺菌し、余剰の人工骨等を除去したところ。

表参道の歯医者 タカシデンタルクリニック

>日付:   カテゴリ:GTR(骨再生)、PRF, PRF, インプラント、PRF、GBR, 今日の診療, 顕微鏡治療