表参道 歯医者|タカシデンタルクリニック Rotating Header Image

インプラント埋入、骨造成。人工骨、PRF併用。

HB793_140329123508前回ブリッジの中間部分を除去した時の映像。

ブリッジがたわんで、歯茎にめり込んでいた事が分かる。

また、頬側(下方)は凹んで骨吸収が進んでいる。

この部分は骨造成する事になる。

 

 

 

 

 

HB793_140405110539今日の麻酔直後の画像。

めり込んで凹んだ部分は元に戻った。

頬側(右側)の歯茎が膨らんでいるのは麻酔液の貯留の為である。ちなみに白く見える部分が歯茎で硬い部分。やや赤く見える部分は粘膜で柔らかい部分。インプラント埋入時はできるだけ歯茎を保存したい。

 

 

HB793_140405110619手術用ステントで埋入位置と角度を確認する。

 

 

 

 

 

 

HB793_140405113012再度口腔内で埋入位置、角度を確認する。

画像ではほんの僅か外に傾いているので、これを修正しながらホールを拡大した。

 

 

 

 

 

 

HB793_140405115820インプラント埋入後、骨造成を始めたところ。

 

 

 

 

 

 

HB793_140405121846完全に骨造成を済ませ、縫合したところ。

この角度から見ると、頬側(下方)部分のボリュームが増えている事が良く分かると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表参道の歯医者 タカシデンタルクリニック

>日付:   カテゴリ:PRF, インプラント、PRF、GBR, 今日の診療, 顕微鏡治療