表参道 歯医者|タカシデンタルクリニック Rotating Header Image

インプラントの為の抜歯。

HB793_140524102942根が割れており、歯を残すのは難しい状況である。抜歯してインプラント埋入の予定である。

通常、抜歯と埋入は即時に行うのだが、炎症がかなり強く、埋め込む部分の骨が少ない場合、初期固定がとれない可能性がある。

埋入はせず、抜歯と骨造成のみになる事もお伝えし、抜歯する事になった。

 

 

HB793_140524105845抜歯直後の状態。炎症性の肉芽がかなり多い。

炎症性の組織を全て取り去らなくてはならない。

 

 

 

HB793_140524111358顕微鏡下で完全に掻爬したところ。

骨の破壊が進んでおり、インプラントホールを形成するとその周囲はほとんど骨が残らなくなってしまう。

ドリルを使わないオーグメント法でもあまりメリットはないと考えた。

 

HB793_140524112036今日は骨造成のみを行う。

人工骨とPRFの混合物を充填した。

 

 

 

 

 

HB793_140524115122縫合したところ。

 

 

 

 

 

HB793_140524115810歯茎の保護剤を置いて今日は終了した。

 

 

 

 

 

表参道の歯医者 タカシデンタルクリニック

>日付:   カテゴリ:GTR(骨再生)、PRF, PRF, 抜歯, 顕微鏡治療