表参道 歯医者|タカシデンタルクリニック Rotating Header Image

難しい根の治療②

DB82222_140703154314前医でCTも撮り、直ぐに抜かなくてはならない状態だと言われたそうで、そこではマイクロスコープも使っていると言う。

実際これが治療前のX線画像で、根の外へ棒状の根充材が突き出ており、骨が黒く消失している。根の中にはらせん状のネジも見える。

 

 

 

しかし、マイクロスコープで根の中を見る限り、ひび割れはない。難しい事は分かるが、即抜歯と言うほどではないようにも見える。

HB822_140717161706試しに超音波を使うとネジは直ぐに除去できた。

 

 

 

 

SANYO DIGITAL CAMERAこれが超精細モードのCT画像で、根充材が飛び出ているのが分かる。その長さは3、77mmだった。骨の消失も大きい。

根の治療だけでは無理でも外科処置を併用すれば助けられるかもしれない。

まずは根の治療をもう少し続ける事になった。もちろん顕微鏡下でなくては無理な治療である事は言うまでもない。

 

表参道の歯医者 タカシデンタルクリニック

>日付:   カテゴリ:CT, 今日の診療, 根管治療, 顕微鏡治療