表参道 歯医者|タカシデンタルクリニック Rotating Header Image

瘻孔のある歯の根管治療。

HB839_141023152209初診時の画像。歯茎に膨らみがある、との事で来院された。これは瘻孔と呼ばれ、神経を抜いた歯の根の先が化膿し、ここから膿が出ている事を示している。

瘻孔が出来ている場合、痛みはない場合がほとんどである。

 

 

 

 

HB839_141023152340治療前の画像。

詰め物は顕微鏡拡大に耐える良好な治療がなされている。

数週間前に治療は終了したと言う。

 

 

 

 

 

 

HB839_141023154149咬む面に穴を開けたところ。

通常、私は根管治療の初回はここまで開けたら薬剤を入れ仮詰めをする事が多い。

根管内の汚れを先に押し込まない為である。

 

 

 

 

HB839_141023155434しかし、瘻孔がある場合、痛みのある場合は、このようにできるだけ深く穴を開けて薬剤の到達を良くする事を目標にしている。

 

 

 

 

 

HB839_141023155843薬剤を入れ、仮詰めを2重にして今日の治療は終了した。

 

 

 

 

 

 

今日の独り言:昨日はトイレに行く時間もない位忙しかった。

画像をお見せしたい症例ばかりだったのだが、残念ながら撮影する余裕がなかった。

結局、予定時間を1時間オーバーした。難しい治療だったが、治療は上手く行ったので、気分は良かった。助手さんに感謝である。

表参道の歯医者 タカシデンタルクリニック

日付:   カテゴリ:一般歯科, 今日の独り言, 今日の診療, 根管治療, 顕微鏡治療