表参道 歯医者|タカシデンタルクリニック Rotating Header Image

インプラントオペ。

HB848_150428145418炎症が強く抜歯即時インプラント埋入を避けた症例。

画像は埋入前、抜歯後3週での画像。

 

 

 

 

HB848_150428145444外科用ガイドをしたところ。

このガイドは光硬化型の樹脂でガイドホールの位置、サイズ共に正確で、製作も楽で重宝している。

 

 

 

 

HB848_150428170231例によって術中は顕微鏡動画撮影のみで、口腔内カメラの画像はない。

画像は術直後のもの。

頬側歯肉を切開し、減張してインプラントの上に乗せ、人口骨の保護をしている。

 

 

今日の独り言:今日の症例では採血が上手く行かなかった。

静脈内に採血針が入ると血液が少し逆流する。ここで採血管を刺すと採血管内は陰圧なので採血できる、と言う仕組みだ。

稀に血液の逆流があるのに採血出来ない事がある。

今回、インプラントホールからの出血をシリンジで吸い、ここからPRFを作った。人工骨と混ぜ、通常通り使うことができた。

もし、抜歯即時埋入だと、血液が汚染される可能性があり、この方法はできなかったと思う。

 

表参道の歯医者 タカシデンタルクリニック

>日付:   カテゴリ:インプラント、PRF、GBR, 今日の独り言, 今日の診療, 顕微鏡治療