表参道 歯医者|タカシデンタルクリニック Rotating Header Image

インプラントの埋入。

HB825_150521143120治療前の画像。

骨の量はまずますだが、頬側の角化歯肉が少ない。

 

 

 

 

 

HB825_150521143322外科ガイドを装着したところ。

 

 

 

 

 

HB825_150521144839ガイドピンで角度、位置を確認。

 

 

 

 

 

HB825_150521150518インプラント本体と同じ大きさ、形状のガイドで最終確認。

 

 

 

 

 

HB825_150521153704埋入し縫合して終了した。

頬側に硬い歯肉が少なかったので、前の歯の遠心歯肉を90度翻転して有茎弁移植してある。

 

 

 

 

 

 

今日の独り言:お口の粘膜は硬い角化歯肉と柔らかい口腔粘膜とに分かれる。インプラント本体の周囲に柔らかい粘膜があると、口を動かしたり、ブラッシング等で外力がかかった場合、その部分とインプラントとの間が開きインプラント周囲炎の原因になる事がある。今回使っているインプラントは粘膜と結合するタイプなので、通常のインプラントに比べるとあまり気にする必要はないかもしれないが、一応、歯肉弁移植を行った。

 

表参道の歯医者 タカシデンタルクリニック

>日付:   カテゴリ:PRF, インプラント, 今日の独り言, 今日の診療, 顕微鏡治療