表参道 歯医者|タカシデンタルクリニック Rotating Header Image

咬み合わせを回復する為のオールセラミックスクラウン治療。


fnh治療前の画像。ここまで犬歯が削れてしまうと顎を横にすり潰すような動きをすると、上下の奥歯が強く当たり過ぎ、横揺れの力が加わってしまう場合がある。この症例でも奥歯が横揺れして、ヒビや歯周病の原因になる可能性が高く、犬歯の治療が必要である。

 

 

 

 

クラウンを被せる為に削ったところ。

 

 

 

 

 

型取り後、仮歯を着けたところ。

 

 

 

 

 

オールセラミックスクラウンをセット、仕上げ後の状態。

 

 

 

 

 

 

今日の独り言:『昔に戻る傾向』

24時間営業のお店でも年末年始に休むところが出始めているという。

理由は人手不足。

昔は休み自体が少なく、お盆とお正月くらいしか休みのない状況もあってか、お正月は開いているお店を探すのが大変な時期もあった。

それがいつの間にか、いつでも開いているのが普通になった感じもあった。が、ここへ来て休む時は休むのが当たり前になったせいか、人手不足の為に休業するらしい。

病院や警察など、公共性、緊急性が高いところは別として、お正月くらい日本中が休めばいいと個人的には思う。

わざわざお正月に出掛けてサービスを受ける必要があるか以前から疑問に思っていた。

理由は全く違うのに、同じ現象が起きるのは興味深い。

 

 

表参道の歯医者 タカシデンタルクリニック

>日付:   カテゴリ:今日の独り言, 今日の診療, 審美, 顕微鏡治療