表参道 歯医者|タカシデンタルクリニック Rotating Header Image

追加で血糖のお話

こんにちは、たかしです。

今日の誕生花はハエマンサス花言葉は富裕です。

知らないお花でしたが、こんな姿です。

ハエマンサス

 

 

 

明日の誕生花はピラカンサです。

今日はもう少し血糖のお話を続けます。

食事の後、血糖値が上がるのは当然の事です。

血液中の糖はインシュリンでエネルギーに変わり、血糖は下がり通常に戻ります。

しかし血糖がとても高い状態や急上昇するとインシュリンが不足したり効きが落ちます。これが高血糖を引き起こし、ひいては糖尿病となる可能性が高くなります。

また、血糖が急上昇すると活性酸素が急増し、血管を傷める事になるそうです。

食後もあまり高くならなかったり、緩やかに上がってくれれば糖尿病の危険を下げる事につながります。

その為、高くならない、ゆっくりと上昇してくれる食べ物、食べ方が求められる訳です。

通常、血糖値は指先から採血し測定するのですが、これですと時間経過による血糖値の変化を追うのには何度も採血が必要となり困難です。

実際の血糖値とは若干差があるようですが、採血せずに血糖類似の値をモニターする器具が売られていて、それをご自分で試し、ブログに載せている方を見つけました。

目に付いた事項をいくつか載せます。

ブドウはもちろん、果物は血糖が急上昇するようです。ジュースも同様です。想定の範囲でしょうか。

麺類も血糖を上げますが特に素麺が上がります。これは油脂が多く含まれている事と関係あるかもしれません。

残念ながら食前に摂るサプリは上昇を抑える効果は期待できなそうです。

また、糖質ゼロのビールがもてはやされているようですが、ビール自体血糖上昇はごく僅かなので、あまり意味ないようです。ビールは安全性が高いと言う印象を受けました。

更にご興味があれば検索してみて下さい。ここに載せた事項は私の個人的な判断を加えてご紹介している事を付け加えます。

私としては糖質カット炊飯器の効果を知りたいと思いました。

最後に食べる順番ですが、糖質の少ない物、野菜から食べると緩やかに上昇してくれるようです。ご参考までに。

神経症状、失明、腎不全の原因の多くが糖尿病です。更に心筋梗塞、脳梗塞の引き金ともなりかねません、誰でも罹患の可能性のある病気です。初期は殆ど症状が出ない点も怖いです。

充分注意したいものです。

それではまたお会いしましょう。

 

表参道の歯医者 タカシデンタルクリニック

>日付:   カテゴリ:Weblog, お知らせ