表参道 歯医者|タカシデンタルクリニック Rotating Header Image

アーカイブ: 12月 2021

大晦日とは

こんにちは、たかしです。

寒い大晦日です。今日の誕生花は八重咲きストック、花言葉は永遠に続く愛の絆、だそうです。

お姿がこちらです。

八重咲きストック

 

 

 

そして元旦の誕生花はプリムラ・ジュリアン、全く知りませんがどんなお花でしょうか。

さて、今日のお話は大晦日についてです。

まず、大と晦日から来ている事はご想像通り。晦(みそ)とは月の満ち欠けの月が完全に隠れる事を意味します。

旧暦では月の満ち欠けで暦を決めていましたから、新月が1日、月が隠れてしまう晦が30日となります。

晦日は月が隠れることから別名、月隠り(つきごもり)とも言われ、つごもり=晦となります。

30歳を三十路(みそじ)と言いますが、ここでも30をみそと言ってますね。

月の終わりを晦日(みそか)、晦(つごもり)と言うようになり、更に31日が月の最終日となってもこれが引き継がれました。

それで1年の最終日を大晦日と言うようになった、と言うわけです。

おおつごもり、の言い方も何か味があるように思います。

それでは良いお年をお迎え下さい。またお会いしましょう。

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

参拝のマナー。

こんにちは、既にお休みも半ばの孝です。

本日12月30日の誕生花はガーベラ、花言葉は神秘的な美しさ、です。

よく知られていますが、そのお姿です。

ガーベラ

 

 

 

 

そして明日の誕生花は八重咲きストックです。

さて、今日のお話は初詣のマナーです。

神社では一礼してから鳥居の端をくぐるようにします。中央は神様のお通りになる場所ですから参道も端を歩きます。帽子は事前に外します。

最近は手水や鈴は撤去してある所も多いですが、柄杓を右手で持ち左手を清め、持ち替えて右手を清め更に持ち替えて左掌に水を受けて口を清め、最後に柄杓を立てて柄に水を伝わらせるようにして持ち手の部分を清めて元の場所にお戻しします。柄杓に口を付けない様にしましょう。

ご神前では会釈の後、あれば鈴を鳴らしてお参りをお知らせします。

お賽銭を静かに入れ、深く2礼、2拍手その後でお祈りをします。

お祈りは自分の名前、次に住所、御礼、お願いの順で行います。

最後に1礼します。

退出時も端を歩き、鳥居をくぐったら向きを変えて一礼します。

お寺では神社ほど参道の歩く位置や礼の回数等の決まりはありませんが、柏手の代わりに合掌する、と覚えておけば間違いなさそうです。

それではまたお会いしましょう。

 

 

 

 

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

お餅が喉に引っ掛かったら。

こんにちは、既にお休みにどっぷり浸かっているタカシです。

本日12月29日の誕生花はサザンカ、花言葉はひたむきに愛します、だそうです。

日本原産とは知りませんでした。お姿はこちら。

サザンカ

 

 

 

そして明日の誕生花はガーベラです。

本日のお話はお餅が喉に引っ掛かったら、です。

背中を叩いたり、背後からお腹を押し上げるハイムリック法は効果がない、と言われています。

救急車を呼んでも平均8分かかるらしいですし、呼吸できなくなって3分経つと脳が障害を受けます。

お口の中にお餅が見えれば引っ張り出せますが、それがダメなら躊躇なく、掃除機を口に押し込み吸い出します。瞬時の判断が生死を分けます。

必ず頭の端でいいので記憶しておきましょう。

そして1番大切なのが、お餅を小さく切ってお出しし、ゆっくり食べさせる事です。

小さければ、例え引っ掛かっても空気の通り道が完全に閉ざされる事は避けられます。

ゆっくり食べるのは安全な食事の基本です。

それではまたお会いしましょう。

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

認知症になり易い性格。

こんにちは、お休み2日目の孝です。

本日12月28日の誕生花はミカン、花言葉は寛大です。

お花を見る機会は中々ないですが、こんなお姿です。

ミカン

 

 

 

そして明日の誕生花はサザンカです。

本日のお題は認知症になり易い性格について、です。

実は脳トレだけでは予防効果が薄い、と言う意見もあって、少しモチベーションが下がったのですが、何もしないよりマシ、のつもりでやって行こうと気持ちを切り替えています。予防効果がどうなのか、も異論があるようですし。

さて、題目にあるように認知症になり易い性格があります。聞いた事のある方も多いかも知れません。

私が聞いていたのは短気な人、自己中の人でしたが、短気な人は、既に認知症の初期の可能性もあります。街中で怒鳴っている老人を見かけたら認知症と思って間違いないと思います。

今日取り上げるのは自分勝手な人です。

この性格が1番認知症になり易いようです。

しかし、自分勝手と言う言葉は実は単純でなく、中々難しいです。

辞書によれば、他人の都合を考えず自分の都合だけを考える、とあります。

認知症の方のご家族にアンケートを取ると、相手の事を傷つけまいと言いたい事を我慢していた人で、自分勝手からは程遠い、と言う意見が少なくないと言います。

言いたい事を我慢する事、実はこれは自分勝手な事なのだそうです。

自分の立場を悪くするのが嫌で言いたい事も我慢して言わない、って私には経験があります。

よくよく考えてみると、これってやはり、自分の事しか考えていない、って事になると気付きました。

少々禅問答的ですが、納得出来ると思います。

逆に自分勝手でない態度とは、「周りの人の意見を充分に見聞きし、自分の考えを述べる」なのだそうです。

ですから、一般的に言われる身勝手な人と言うのも当然認知症になり易い訳ですね。

それではまたお会いしましょう。

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

火災時の避難で必要な事

こんにちは、今日からお休みに入りましたタカシです。

本日12月27日の誕生花はレオノチス、花言葉は雄大です。

こんなお姿でした。

レオノチス

 

 

 

 

 

明日の誕生花はミカンです。

そして今日のお話は緊急時の避難、火事編です。

知っていると思っていた事でも、もう1度整理しておきましょう。

火が背丈以上になると一般人では消火は難しいらしいです。

時間にして、出火から2分。それ以上経過すると火は天井まで燃え広がり

こうなると消火は無理です。

消火よりも避難を考える事を覚えておきましょう。

避難時1番注意しなくてはならないのが一酸化炭素中毒です。

一酸化炭素(CO)は空気よりもやや軽く上層に上がります。

身体を低く口と鼻を布で覆いゆっくり進みます。

走ると上層に溜まっているCOと下層の安全な空気を混ぜる事になり危険です。

布でCOは防げませんが煙の粒子を吸い込む事は防げます。

呼吸は止めません。ゆっくり呼吸を続けます。

止めてしまうと息苦しくなった時、大きく吸い込む事になり却って危険です。

万一衣服に火が着いたらその場で横たわり、床と体で火を押し潰すようにするのが正解です。

火傷が体表面の1/3以上に広がると命に関わると言われますが、そのほとんど全部がCO中毒と関係します。CO中毒により動けなくなり重篤な火傷を負ってしまうのです。

COは無味無臭、低酸素状態では秒単位で高濃度になり、吸えば即意識不明です。

先ずはCOから逃れる事が最重要です。

生き延びる為に何が必要か、平時から考えておくだけでなく、少なくとも生活の場でのシミュレートは必要だと思います。

それではまたお会いしましょう。

 

 

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

口内炎について。

こんにちは、孝です。

本日12月26日の誕生花はガーデンシクラメン、花言葉は、はにかみや、です。

お姿はこちら。香りはどんなでしょう?

ガーデンシクラメン

 

 

 

明日の誕生花はレオノチス、どんなお花か楽しみです。

さて、今日のお話は口内炎についてです。

誰でも経験のある口内炎ですが、いざ治療となると一筋縄では行きません。

お薬を出して終了、消毒する位しか出来ません。

歯科用レーザーが広がりを見せた頃は口内炎もレーザー治療が有効である、とする発信もありましたが、自分で経験した限り痛いだけで却って治るのに時間がかかった覚えがあります。

歯科医が出来る大事な事は、いわゆる「口内炎」であり、他の口腔内病変ではない、と鑑別する事です。

難治性の口内炎では治るまでに2週間程度かかる場合もありますが、大きく拡がったり、凸凹ができたり、形が不整になる事はありません。

この様な場合、危ない病気の可能性も出て来ます。

時々、入れ歯や歯に尖った部分が出来てそれが口内炎の原因になる事もありますが、2週間以上治る気配がなければ検査する必要があるでしょう。

因みに、私には1度だけ口内炎をその場で治してもらった経験があります。

もう30年以上前、まだ福岡にいる時にヨガの行者さんの様な方に会いました。

その時、困っている事は何か聞かれ、口内炎が痛いと言うと手を私の頬に当てて指先で何かをつまみ出す様にしました。

その瞬間、頬の外へ何か出て行く感じがして同時に口内炎は跡形もなく消えてしまいました。

それ以来、口内炎が出来るとその行者さんの真似をしてみましたが、当然ダメでした。

ただ、頬の外から口内炎に向かって指先から気を出すイメージを行うと痛みが消えるのは経験しています。

それではまたお会いしましょう。

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

尿路結石について。

こんにちは、孝です。

本日12月25日クリスマスの誕生花はブルーデージー、花言葉は純粋です。

そのお姿です。

ブルーデージー

 

 

 

明日の誕生花はガーデンシクラメンです。

今日のお話は尿路結石についてです。

中高年の男性、背部片方の刺す様な激痛、先ず疑われるのがこの病気です。

痛みの強さ程、緊急を要しないので結石と分かると病院でも直ぐに治療してもらえません(でした。)

また、治療自体も石の大きさによりますが、自然排出、衝撃波による破壊、内視鏡、カテーテルによる除去等があります。

通常、痛み止めで凌ぎ、結石が移動して痛みが落ち着くのを待つ事が多いそうです。

水分を多く摂り(1日2L以上)、石の移動を促す様にします。

80%がカルシウム系の石で薬では溶けません。また食生活と関連性が高く、再発が多いのも特徴です。

それではまたお会いしましょう。

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

電話トラブル解消しました。

12月23日午後から発生した電話のトラブル は24日午前中に解消致しました。

ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんでした。

日付: カテゴリ:お知らせ

小麦の害まとめ。

こんにちは、たかしです。

本日12月24日、イブの誕生花はノースポール、花言葉はお慕いしています、です。

こちらがそのお姿。マーガレットそっくりですが花弁が少し幅広なのだそうです。

キク科は本当に似た花が多いですね。

ノースポール

 

 

 

明日の誕生花はブルーデージーです。

小麦粉について色々調べた結果、危険性を無視できなそうなので今日は小麦粉の害についてまとめてお伝え致します。

⑴血糖値を急激に上げる。

糖質が多く血糖値が急上昇します。急に上がると平常値に戻す為にインシュリンが大量に必要となります。インシュリンの効果が出難くなり、血糖値の上昇が続き易くなり危険です。またインシュリンを分解する酵素も多く必要になります。この酵素は認知症の原因と考えられているアミロイドβを分解する役も担っており、分解が追いつかなくなり、認知症を助長すると考えられています。小麦粉に限らず、糖質の多い食品に共通した害と言えます。

⑵腸漏れの原因になる。

小麦粉に含まれているグルテンの分解物は腸の粘膜同士を繋げている部分を攻撃して腸漏れの原因になります。また、グルテンは消化し難いので、それ自体が漏れ出すのも問題です。

⑶依存性がある。

グルテンの分解物は脳に到達し、麻薬の受容体と結合します。小麦粉の依存性が生まれます。また食べたいと言う欲求はこれも影響していると考えられます。

⑷輸入小麦の場合には農薬、薬剤の残留が無視できない。

国産小麦は消費量の僅か1割程で、それでさえ農薬は残留していると思われます。輸入品に至っては収穫後のポストハーベストも使われています。

国産品なら安心、とか、パンの代わりにご飯と言うのも問題解決にはならなそうです。

他にも危険な食品は飽食と言われる日本で沢山あります。

危険な物を全部を避けると食べる物がなくなりかねないので、神経質になり過ぎるのも問題ですが、危ない物は出来るだけ排除する気持ちは必要だと思います。

これからも情報を集め、健康寿命を伸ばすお手伝いをしたいと考えています。

それではまたお会いしましょう。

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

男の更年期障害について。

こんにちは、タカシです。

本日12月23日の誕生花はセンニチコウ、花言葉は変わらぬ愛情です。

お姿はこちら。これがセンニチコウだったのですね。

センニチコウ

 

 

 

 

 

明日の誕生花はノースポールです。

そして今日のお話は男の更年期障害についてです。

ご存知の通り、40代以降、性ホルモンの減少が原因で引き起こされる種々の症状です。

症状の多さは多岐に渡り、自律神経失調症と同程度とも言われています。

個人差が大きい事、発症する年齢の幅がかなり広い事も特徴です。

以前は更年期障害と言えば女性、と言われていましたが男性にもスポットが当てられるようになっています。

男性の症状もかなり重い事が発表されています。

私の場合は10年以上前に不眠、酷い寝汗、抑うつが出ました。

同年代の友人とのお酒の席で初めて更年期障害と分かった次第です。

友人に相談する事の重要性を肌で感じました。

原因が分かると同じ症状でも気持ちに余裕が出来て、本当に楽になったのを覚えています。

特に病院の門を叩いたりせずにいつに間にか症状は落ち着きました。

年齢と共に受け入れなくてはならない事も増えていますが、新しい情報を仕入れ充実した人生にして行きたいと思っています。

知ると知らないで大きく違ってしまうのも人生だとつくづく思います。

それではまたお会いしましょう。

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ