表参道 歯医者|タカシデンタルクリニック Rotating Header Image

カテゴリ: その他

今日は金曜日。

一人なので治療なし。

好きな音楽を聞きながら、マネキンでじっくり練習。

いつの間にか集中するので音楽は聞いていないようなものだが、悪くない。

症例の更新は明日の予定。

日付: カテゴリ:Weblog, その他

今日も症例の更新はない。

毎週金曜日は助手さんがいない。

顕微鏡治療は1人ではできないので、今日の症例報告はない。

最近、画像を撮影する時間がなかったり、アップする時間がなかったりの日が多い。

症例アップが出来ない日はブログの更新だけでもやりたいと思っている。

 

日付: カテゴリ:Weblog, その他

今日も症例の更新なし。

今日は症例写真を撮るのもままならなかった。

仕事初め以降、忙しい状況が続いている。

休み中は元旦以外、トレーニングに来ていたのだが、

実際に治療が始まると、進歩のなさに愕然としてしまう。

ガッカリせず、こつこつやるしかない。

日付: カテゴリ:Weblog, その他

今日は症例の更新はなし。

忙しい一日で画像を撮るのが精一杯、症例アップは後日させて頂こうと思う。

 

日付: カテゴリ:Weblog, その他

久々、怒濤の日曜日。

今終わった。定時よりも1時間半遅い。

今日は急患さんが多く、症例の撮影はできなかった。

それでもやや遅れで終わる予定が、前歯を折ってしまったと言う連絡が来てその治療が今までかかってしまったのである。

取り敢えずこの方の撮影はできたのだが、アップする時間がない。

週明けにアップさせて頂く予定だ。

日付: カテゴリ:Weblog, その他

書類作り。

ご存知の通り、諸外国では歯の治療の為の公的保険がないところも多い。

個人的に保険会社と契約し、治療が終わったら書類を提出して保険金を受け取るシステムが多いようだ。

当然、治療した側も書類を準備する必要がある。

状況説明、その治療が必要な理由等を英語で書く。

慣れない事なので大変だ。今日はこれに追われている。

 

日付: カテゴリ:その他

咬み合わせの改善②

右下の奥歯は舌側に倒れ、右上の奥歯は位置が下がってしまっている(挺出)症例である。まずは比較的簡単な上の治療から。

HB720_130703151841

 

 

 

 

 

 

これは前回ご紹介済みの画像である。歯を削るのに抵抗のある方は多いと思うが、挺出してしまった奥歯を矯正で押し込む(圧下)のは至難の技プラス時間がかかり過ぎる。削って歯の丈を低くして被せる方がメリットが大きい。

HB720_130711114524

 

 

 

 

 

 

まずはここまで削り、仮歯を着ける。そして下の歯の治療に入る。下の歯の治療は矯正を考えている。

日付: カテゴリ:その他, 今日の診療

根の破折に対する処置、右下6番

向かって右の歯:X線写真で根の間の部分(根分岐部と言う)が黒く写っている。これはこの部分の骨が失われている事を示している。
根にうっすら黒い線が見える。これは根にヒビが入っている可能性がある。詳しくは歯茎を開いてみないと分からない。

 

 

 

麻酔をした状態。

 

 

 

 

 

 

 

歯茎を開く。見えているのは骨ではなく、悪い肉(肉芽:にくげ)で覆われている分岐部。

これを完全に除去する。

 

 

 

 

分岐部にヒビが確認できる。

通常、ヒビの治療は困難を極める。肉芽を完全に除去した後、レーザー照射し、特殊なセメントでこの部分を埋める事にした。

 

 

 

拡大するとヒビが2本入っているのが分かる。

 

 

 

 

 

 

 

セメントで処置後歯茎を元に戻し縫合した。

 

 

 

 

 

術後8日。縫合部分が切れて歯茎がやや下がっているが、傷口は安定しているので、このまま観察する事にした。

日付: カテゴリ:その他, 顕微鏡治療

歯科用CTが来る。

医科用CTはご存知の通り横になって撮影する。

全身を輪切り状態で撮影し、それをコンピュータで処理する訳だ。

輪切りにする幅はそれ程狭くなくていい。

歯科の場合、対象は顎か歯なので、輪切りの幅が広いと意味をなさない。

映せる範囲は左右の顎の関節までは映って欲しい。

かなり高額な機種でもこれらの条件を満たすものがなかなかなかった。

格安でありながら、上記の条件を満足する機種がとうとう出た。

それが、やっと来週納入される。半年以上待った。

今からワクワクである。

 

 

日付: カテゴリ:Weblog, その他

AED設置しました。

これが最新のAEDである。

私が過去に講習会で使用した機種のどれよりも新しい。

右上に丸く見える窓でバッテリーの状態が確認できる。

ケースを開け、通電パッドを取り出すと自動的にスイッチがONになる仕組みだ。指示音声も明瞭でとても分かり易い。

 

日付: カテゴリ:お知らせ, その他