表参道 歯医者|タカシデンタルクリニック Rotating Header Image

アーカイブ: 4月 2022

コデマリの花。

こんにちは、今日は良い天気で暑いです。明日はまた下り坂の様ですね。

下の画像は通勤途中で見つけたコデマリです。街路樹として植えてありました。

これからは時々自分で撮影した画像も載せたいと思います。

 

 

 

 

 

 

それではまたお会いしましょう。

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

お掃除の話

こんにちは、今日は午後から天気が悪くなり、今、かなりの本降りです。

近くに建設現場があるのですが、今日は全休日なので更に静かな1日となっています。

今日のお話は、お掃除の話です。本格的な暑さが来る前にエアコンの掃除をしてしまおう、と思っていたのですが、急遽、洗濯機になってしまいました。

乾燥後、取り出した服に紙の小片がくっ付いていました。メモした厚紙をポケットに入れたまま洗濯してしまった様です。

洗濯物に付いた小片は生地を揉んで何とか取り除けたのですが、洗濯槽の凹みや隙間にも入り込んでしまっています。

見るからに大変そうだったのですが、放置もできません。

割り箸とアルコールティッシュで思ったよりも効率良く取れ、ホッとしたのも束の間、見えにくい所を手鏡で確認していたら、隙間の奥に何やら紙とは違う物が見えます。

タオルの生地から出た綿埃の様な物の塊が乾燥して固まっています。

見ない事にしようとも思ったのですが、試しに割り箸を差し込むと狭くて途中までしか入らず、もうちょっとなのに届きません。こうなるとこのままでは終われません。

100均で買ったドライバーの中に細くて先がネジ状になった物がありました。

これを隙間に差し込むのですが、手探りでやっても、硬く固まっている上に、隙間が奥で広がっていて角度が違うせいか、引っ掛かりもしないのです。

手鏡を使って見える状態でドライバーの先を塊に押し付け捻る様にして、やっと塊第一号を釣り上げました。紙の小片よりもかなり大きく、溝の形に湾曲した塊が出て来ました。タオルと同色のピンク色でした。やはり見えると取れます。見え辛い位置もあって、ちょっと時間はかかりましたが、結果は満足でした。ミラーテクニックが実生活で役立った瞬間でした。

それではまたお会いしましょう。

 

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

ワンちゃんのお口が、、

こんにちは。明日から大型連休という方もいらっしゃると思います。

まだまだコロナも危うい状況ですから、お休み中も注意するようにお互い気を引き締めましょう。

私どもは5月2日から6日までお休みを頂きます。

さて、今日は朝TVを見ていて気付いた事です。

同じ番組をご覧になった方もおいでだと思います。

ワンちゃんが歯を剥き出しにしたまま寝入ってしまう映像だったのですが、その歯茎に目が行ってしまいました。

上の前歯の歯茎がどう見ても腫れていました。歯茎の色も濃い茶色の部分がありました。

以前調べた事があるのですが、犬や猫ではお口の中に色の濃い部分が地図状にある場合もあるそうなのです。これ自体は全く問題ないそうです。(ちなみに人間の場合、色素性母斑と言い、危険な場合もあります。)

従って、濃い色即、異常ではないですし、画像がはっきりしなくて歯茎が腫れているように見えただけの可能性もあります。

ただ、どうしても気になってしまいました。やはり私には歯茎が腫れて見えたのです。

猫はお口の中がアルカリ性だそうで、虫歯はほぼ存在しないそうですが、歯周病にはなります。多分、犬も同様だと思います。ペットの歯周病は人間に劣らず厄介で、寿命にも関係します。

私の見間違い、思い違いであって欲しいそんなお話でした。

それではまたお会いしましょう。

 

追伸、どうしても気になってしまい、TV局に確認してもらう旨のメールをしました。

 

 

 

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

ラバーダムについて

こんにちは、このところ蒸し暑く感じる日が増えて来ました。寒暖差も大きいです。

今日の東京の気温は今年最高だったそうです。

診療所では今日、エアコンのお世話になりました。まだまだ防護服のお世話になっているので、暑さには弱いです。

今日のお話はラバーダムについてです。

ラバーダムとはゴム製のシートで特に根管治療時に根管内に唾液が入る事を防止する防護用シートです。治療する歯だけをシートから出し他は全てシートの中へ隠す様な形に隔離します。唾液中には無数の細菌が存在するので、根管治療中に唾液が入る事は絶対に防ぐ必要があります。元々、細菌を除去する為の治療が根管治療ですから、これが台無しになる可能性があります。

逆に使用薬液が根管から流れ出てもお口の中へは漏れません。更に湿気があるとミラーが曇ってしまいますが、ラバーダムは防湿の効果が高いので、ミラーの曇りを防止できます。曇ったミラーでは全く役に立たなくなる顕微鏡治療には必須のアイテムとも言えます。

また万が一、お口に器具が落ちても、誤飲や誤嚥を防止できます。

 

 

今日の誕生花はセイヨウオダマキ、花言葉は昔の恋人です。

セイヨウオダマキ

 

 

 

 

それではまたお会いしましょう。

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

辛いニュースです。

こんにちは、今日も辛いニュースが多いです。

海水温が5℃位だと救命胴衣は延命には全く効果がない、と聞きました。

船長さんは海が荒れていても、コロナ禍で売り上げが落ちており、出航せざるを得なかった、と言う話も聞きます。

観光客の皆さんは万が一、事故が起きた場合の危険性を知っていたのか、ライフジャケットを着ていれば命が守れると思っていたのかが気になります。

海上保安庁の捜索状況を見ましたが、正に木の葉の様に揺れ動いていました。この悪天候の中、更に小型の観光船の状況はどの様だったのか、辛いです。

戦争も全く良い方向に進んでいない様ですし、何とかならないのでしょうか?

 

さて、本日4月26日の誕生花は、アジュガ、花言葉は、心が休まる家庭です。

名前は全く知りませんでした。見た事はありません。

お姿です。

アジュガ

 

 

 

 

それではまたお会いしましょう。

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

猫が奇跡的な回復しました。

こんにちは、今日は暑くなりそうです。

日差しは嬉しいのですが、急な暑さは厳しいですね。

今日は皆様にお知らせしたい事があります。

まだ若い猫なのですが、昨年の夏以降、時々通院が必要でした。

今年に入ってからは食欲も元気もなくなって来ました。検査結果で悪い数値はあっても原因が分かりません。感染症も疑いましたが、抗生剤も効かず感染症も否定されました。

この歳で病気にしてしまい、育て方が悪かったのかと考えずにはいられませんでした。

とにかく治療法を探しまくりました。

やっと可能性がある治療をされている先生を見つけ、直ぐに治療を開始して頂きました。

投薬3日目には食欲も戻って、元気が出て来ました。

触った感触で、熱っぽさが消えた感じもしました。

治療は3ヶ月かかります。今、半分です。先週の検診で確実に回復しているとの事でした。

この先生との出会いがなければ今頃どうなっていたのか、本当に奇跡的な出来事です。

先生はいつも明るくて、こちらも元気がもらえて、前向きな気持ちにさせてもらえる、そんな魅力的な先生です。スタッフの方々もとてもとても親切です。

私もあの先生の様になりたい、患者様と接したい、と思っています。

先生のお名前は松田 唯先生、杉並区のガイア動物病院です。

それではまたお会いしましょう。

 

 

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

抜歯後放置するとどうなるか

こんにちは、孝です。

本日4月24日の誕生花はカルセオラリア、花言葉はあなたを伴侶にします、です。

こんなお姿です。

カルセオラリア

 

 

 

 

 

明日の誕生花はビジョナデシコです。

今日のお話は、残念ながら抜歯となってしまった部分を放置すると、どうなってしまうのか、です。

身体は欠損部を小さくしようとします。傷ができればそれを治すのも傷を小さくする作用によりますし、抜歯した部分もまずは傷が治り、その後、あるいは同時に抜歯した部分が小さくなります。

具体的には前後の歯が隙間を埋める様に、下の歯では「ハの字」型に、上の歯では「逆ハの字」型に倒れ始めます。

また、下の歯では上の歯が下がり、出っ張り始め、上の歯の場合は下の歯が迫り上がって来ます。特に下の歯を抜いた場合、上の歯が下がるのは顕著で、重力の影響が大きいと考えられます。

1度変化し始めると遅かれ早かれドミノ状にその影響が広がるのは必至です。

抜歯後は傷の治りを待ちつつも、出来るだけ早く咬み合わせの維持を目的とした治療が必要となります。遅くなる程、歯の位置は変化しますから、治療自体が大掛かりになってしまいます。

それではまたお会いしましょう。

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

根のヒビの対処法②

こんにちは、孝です。

本日4月23日の誕生花はアネモネ、花言葉は期待です。

お姿です。

アネモネ

 

 

 

 

明日の誕生花はカルセオラリアです。どんなお花でしょうか。

さて、今日のお話は根のヒビの対処法の2回目です。

昨日はヒビが破片となってしまった場合についてお伝えしました。

これと並んで多いのが、破片にはなっていなくて、線状にヒビが入っている場合です。

線状のヒビの場合、破折が進んでいて、動いてしまう場合は動く部分を可及的に殺菌消毒を行い、接着を試みます。場合によっては1時的に抜歯し、接着後元へ戻したり、向きを変えて戻す場合もあります。向きを変えられるのは根が1本の場合がほとんどですが、向きを変える事で力の方向を変え、再びヒビが入るのを抑える事ができます。

ヒビが入っていても動かなければヒビを意図的に広げMTAセメントが入る最小限のスペースを作ります。以前はこの操作を接着性セメントで行なっていました。接着性セメントは出血があると充分接着力を得られないので非常に難しかった記憶があります。

ヒビの走行にもよりますが、根を部分的に除去する場合もあります。

除去した時点で再度、土台を作れる状況であれば、MTAセメントとグラスファイバーを使う事で抜歯せずに治療ができます。

残念ながら、残った根に土台を作れない状況も存在します。その場合、歯としての寿命は終わった事になります。残った根は抜くしかありません。

根のない所に人工の歯を作る事はできませんから、ブリッジ、部分入れ歯、インプラントいずれかの治療を選ぶ必要があります。

それではまたお会いしましょう。

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

根のヒビの対処法

こんにちは、孝です。

本日4月22日の誕生花はカリフォルニアポピー、花言葉は私を拒絶しないで下さい、です。

お姿です。

カリフォルニアポピー

 

 

 

 

明日の誕生花はアネモネです。

今日のお話は根のヒビの対処法についてです。

被せ物を除去した段階でヒビが確認できる事もありますが、多くは土台、以前はほとんど金属でした、も除去する必要があります。

この金属製の土台が「クサビ」の様な作用をして根にヒビが入る事が多く、この除去の必要があるケースが少なくありません。

現在ではヒビ防止の為にグラスファイバーと樹脂を使った土台も増えています。

既に破片ができている場合、ご想像通り、破片が小さければ歯を残せる可能性は高く、竹を割った様な「破折」の状況では、特に根が動いてしまう場合は望み薄です。

歯を残す事はとても重要ですが、可能性の低い歯を無理に残すと化膿が広がったり、骨を溶かしてしまう事も少なくありません。腫れや痛み等、症状が消えない場合もあります。

MTAセメントのお陰で、治療できる範囲は相当広がりましたが、残せない歯も依然として存在します。

既に動いてしまう破片は取り去る事になります。破片が小さければ、取り去るだけで炎症が治ってしまう事も経験しています。

破片が大きい場合は除去後MTAセメントで欠損部を補填します。残った根が動かず安定していれば、これで元の様に人工の歯を作り直す事も可能となります。勿論、土台に金属は使いません。

ヒビがあっても破片状ではく、線状にヒビがある場合も時々見受けられます。

この場合の対処法は上記とは異なってきますので、次回お伝えいたします。

それではまたお会いしましょう。

 

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

根のヒビについて

こんにちは、孝です。

本日4月21日の誕生花はワスレナグサ、花言葉は私を忘れないで、です

お姿です。

ワスレナグサ

 

 

 

 

明日の誕生花はカリフォルニアポピーです。

今日のお話は根のヒビについてです。

根にヒビが入る状況のほとんどは神経を抜いた歯です。それも神経を抜いてからかなり経過した歯である事が多いです。神経を抜いてから10年程度経つとヒビの危険度が上がると言われています。

根に入ったヒビは直接確認できない事が多く、レントゲン画像で映らない角度のヒビであったり、ヒビが小さい場合はレントゲン画像には映りません。

被せ物の歯が動いてしまう場合、重度の歯周病の場合もありますが、根のヒビが原因の場合も少なくありません。

根のヒビを確定する為には被せ物を除去する必要があるのですが、外す時に力をかけ過ぎるとヒビを悪化させてしまう事があります。慎重に除去しなくてはなりません。

安全に被せ物を外す事ができれば、ヒビの走行だけでなく、その歯が残せるのか、抜歯が必要なのかの見極めをする事ができます。この時、顕微鏡は大きな助けになります。

次回はどの様な治療法があるのか見て行きたいと思います。

それではまたお会いしましょう。

 

 

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ