表参道 歯医者|タカシデンタルクリニック Rotating Header Image

アーカイブ: 5月 2022

水無月と神無月

こんにちは。今日はあまり気温は上がりませんでしたが、蒸し暑い感じもしました。

明日は天気も回復し、日差しも復活する様です。

明日と言えば早くも6月です。和風月名では水無月ですね。

梅雨も始まり水の無い月と言うのも変だとずっと思っていました。

「無」は無い、と言う意味ではなく、「〜の」と言う意味だそうです。

「水の月」と言う事なんですね。納得です。

でも、10月の神無月は出雲大社に神様が全員集まるので、日本各地の神様がいない月と聞き覚えた記憶があります。

「神様の月」でも悪くはありませんが、やはり、「神様がいない月」、の方がイメージが膨らみますよね。

今日は画像がありません。それではまたお会いしましょう。

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

路傍の紫陽花

こんにちは。今日も暑くなりそうです。

お休みなので、暑くなる前にちょっと近くを散策しました。

先日も話題にしましたが、やはりこの季節は紫陽花が気になります。

もう咲き始めていました。

 

 

 

 

 

 

街路樹だと思うのですが、ほんの僅かしか離れていないのに、色が全然違います。

土壌の違いでしょうか。

調べた通り、咲き始めの花は黄緑色が強いのがはっきり見て取れます。

赤みが強いのは暫く経った花なのでしょう。

また、緑化病は見当たらず、安心しました。

今までそれ程じっくり見た覚えがなかった紫陽花ですが、これからどのように色が変化するのか楽しみです。

それではまたお会いしましょう。

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

トルコキキョウ

こんにちは。今日は関東で猛暑日が出た様です。日差しの強さが半端ないですね。

さて、今日の誕生花はトルコキキョウ、花言葉は花嫁の感傷、です。

トルコキキョウ

 

 

 

 

花束に入っているのをよく見かけます。いろいろな種類がありますね。

トルコ原産のキキョウ、と思いきや原産地はアメリカのテキサス、

キキョウ科ではなくリンドウ科だそうです。

名前が本体と全く違っています。

そして以前はトルコキキョウと言えばキキョウに似た一重咲でしたが、今では大輪で八重咲き、バラの様な豪華な種類が主流になっているそうです。

色もピンクや複色と呼ばれるバイカラーが人気だそうです。トルコキキョウのバイカラーは有名ですね。

一応キキョウのお姿も載せます。

キキョウ

 

 

 

 

星形の一重咲き、こちらもシンプルでいい感じです。

それではまたお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

ヤマブキ

こんにちは。今日は暑いです、明日は猛暑日になるところもありそうです。

そろそろエアコンが必須ですね。

今日の誕生花はヤマブキ、花言葉はずっと待っていました、です。

お姿です。

ヤマブキ

 

 

 

 

ヤマブキは北海道から本州に自生する日本の原産種で、とても丈夫な植物だそうです。

山吹色はこの花の色が由来であると聞いてはいましたが、お花は見た事がありません。

黄金の色として有名ですね。悪代官や悪徳商人の姿も思い浮かんでしまいます。

このように日本人にはよく知られている側面もあるのですが、ヤマブキを調べてみると面白い事がわかりました。

山吹色は何と平安時代から使われていた色だそうです。

万葉集では山振(ヤマブリ)と呼ばれ、それが山吹に転じたと言われています。

しなやかな枝が風に揺られる様子を表現したらしいです。

また江戸時代には「山吹」と言えば「賄賂の小判」の隠語として使われていたのだそうです。

やっぱり、お前も悪よのう、の世界に通じてしまったのですね。

ヤマブキのお花はこんなに清々しいのですから、「迷惑な話よのう」と思っていた事でしょう。

それではまたお会いしましょう。

 

 

 

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

ペラペラヨメナ。

こんにちは。今日は朝から豪雨の様な状態です。

お休みの私は外出を躊躇しています。

今日の誕生花はエリゲロン、初めて聞くお名前です。

花言葉は遠くから見守ります、です。

お姿です。

エリゲロン

 

 

 

 

デイジーに似ていますが、もっと小型で、野趣に溢れた感じもします。

別名、源平小菊とも呼ばれていて、和名はペラペラヨメナだそうです。

こちらも初耳です。

日本にも自生種があり、高山植物のアズマギクがこの仲間だそうです。

いつも思うのですが、目にしていても名前を知らない植物が沢山ある、と言うか名前と姿が一致しているものの方が少ないので、高山植物のアズマギクとは出会っていない可能性が高いですが、このペラペラヨメナは見ている可能性がある、と思います。

それではまたお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

紫陽花

こんにちは。雲が厚めですが、暑いです。明日は雨が強くなるそうです。

この雨ではまだ梅雨入りはしないそうですが、

来週後半には東京でも梅雨空が広がっているかもしれません。

そうなるといよいよ紫陽花の季節です。

紫陽花

 

 

 

 

紫陽花の原産地は日本で、明治時代にヨーロッパに渡り、盛んに品種改良が重ねられ、逆輸入されて西洋紫陽花と言われる様になったそうです。今では紫陽花といえば流通量からは西洋紫陽花だそうですが、元は全て日本発祥なのですね。

花の色が変わる事でも有名ですが、育っている土地の酸性、アルカリ性で色が異なるだけでなく、咲いている間にも色が変化するのだそうです。

咲き始めは黄緑色が強く、次第に青や赤、その後、赤色が強くなるのだそうです。知りませんでした。

一時期、花弁(萼ですが)が葉のような緑で厚くなってしまう病気、緑化病が広がっていると聞きました。確かに緑色の固そうな、花に見えない紫陽花を見た記憶があります。

これからの季節、路傍の紫陽花に注目してみようと思います。

それではまたお会いしましょう。

 

 

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

フジの花

こんにちは。今日も五月晴れ、梅雨入りまであまり時間はない様なので、この天気を楽しみたいと思います。

今日の誕生花はフジ、花言葉は至福の時です。

お姿です。

フジ

 

 

 

 

フジの代表的な品種にはノダフジ、ヤマフジ、シナフジ、アメリカフジがあります。

ノダフジとヤマフジは日本原産種だそうで、フジと言えばノダフジを指すそうです。

こちらの方がヤマフジより花の房が長いそうです。

フジは根が伸びると花が減るそうで、鉢植えにして根の成長を制限する方が花付きが良くなるそうです。鉢植えの方が良く花が咲くと言うのは珍しいです。

またノダフジは右巻き、ヤマフジは左巻きだそうです。

見たことはありませんが、シナフジはバニラの様な香りがするそうです。

アメリカフジは小型の房が特徴だそうです。

フジと言えば紫色の藤棚を思い浮かべますが、黄色や白もあるそうですし、海外では棚は作らないそうです。藤棚は日本独特の楽しみ方なのですね、わかる気がします。

それではまたお会いしましょう。

 

 

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

クマツヅラ

こんにちは。今日も晴天で暑いですね。もう少し五月晴れが続く様です。

今日の誕生花はバーベナ、花言葉は家族の和合です。

こんなお姿です。

バーベナ

 

 

 

 

このお花は約250種の野生種があるそうで、日本にも1つクマツヅラと言う種類が原生しているそうです。

こんなお姿らしいです。見た事はないと思います。

 

 

 

 

 

野草なので、あまりはっきりしませんが野生味ありますね。

それではまたお会いしましょう。

 

 

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

アヤメ、ショウブ、カキツバタ

こんにちは。今日は良い天気ですね。暑いです。

今日の誕生花はジャーマンアイリス、花言葉は豊満だそうです。

お姿です。

ジャーマンアイリス

別名ドイツアヤメ、こちらの方がイメージが湧きます。

 

 

 

 

さて、今日のお話はアヤメ、ショウブ、カキツバタの見分け方です。

花弁の根元が黄色と白で網目ありがアヤメ、網目なしがショウブ、カキツバタは花弁の根元が白で網目はなし、だそうです。

ちなみに、ジャーマンアイリスは花弁の根元付近にブラシのような部分があります。

それではまたお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ

今日見つけたお花。

こんにちは、今日もスッキリしない天気が続いています。

この時期らしいと言えばその通りですね。

今日こんなお花を見つけました。

どちらも街路樹の植え込みに咲いていました。

小さなお花です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ふと見つけたお花に魅了される時もありますね。

それではまたお会いしましょう。

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ