表参道 歯医者|タカシデンタルクリニック Rotating Header Image

カテゴリ: 顕微鏡治療

歯肉移植の症例。

こんにちは、孝です。

本日2月8日の誕生花はユキノシタ、花言葉は好感が持てる、です。

お姿です。

ユキノシタ

 

 

 

明日の誕生花はカトレアです。

そして本日は先日行った歯肉移植の症例をご紹介します。

患者様は60代男性、術部は左上第一大臼歯遠心部の骨欠損と歯肉消失、更に遠心根中央付近に陥凹がありました。咬合力による根の負担加重が原因と考えられます。

まず、根の陥凹部は MTAセメントで充填し補強、段差をなくします。1週間後の歯周再生外科治療に備え、不良肉芽を除去し、不要な組織の侵入を防止する為に歯茎の保護材で隙間を埋めておきます。

画像は、上記の処置後1週間経過し、仮歯を外した状態です。

患歯の右側のややピンクに見える長方形状の部分が歯茎の保護材で、ここが移植を行う部位です。

 

 

MTAセメントを充填した根面をできるだけ滑沢にして不良肉芽は確実に除去します、骨欠損部を明示し、人工骨顆粒を充填します。

口蓋側の歯肉を短冊状に切開し、断端を90度翻転し、頬側の歯肉と縫合固定します。

歯肉切除部は人工真皮(人工皮膚)で創面の保護と治癒促進を図ります。

画像は歯肉移植終了時のものです。患歯の右側に下側から90度翻転した歯肉弁、下側に人工真皮が縫合固定してあります。

この後、仮歯を着け、この日の治療は終わりです。

 

 

 

 

術後3週間経過時の画像です。抜糸の為に仮歯を外しています。人工真皮も除去しています。炎症も問題なく、順調に治癒が進んでいます。

 

 

 

 

歯肉移植には完全に移植片を切除する遊離移植と今回行った、移植片の1部を切除しないで残す有茎弁移植があります。

遊離移植は移植片の切除は楽ですが、一度完全に血流が遮断される為、移植片の血流再開が難しいと言う欠点があります。

有茎弁移植は切除方法、移植片の移動、固定も簡単ではありませんが、血行を保ったまま移植できる利点があります。切り離さないので移植片は完全には移動できませんから、移植する位置には制約があります。

今回位置的に恵まれており、有茎弁移植が可能でした。

それではまたお会いしましょう。

 

 

 

 

 

日付: カテゴリ:Weblog, お知らせ, 顕微鏡治療

親知らずの抜歯症例。

治療前の画像。

 

 

 

 

抜歯直後の画像。

 

 

 

 

抜歯した親知らず。

 

 

 

 

縫合後の画像。

 

 

 

 

 

 

今日の独り言:『もう見られない?』

結局、流れ星を見る事はできなかった。

それだけの努力をしなかった、と言えばその通りなのだ。

だが、子供の頃、流星群なんて聞いた事もなかったし、見ようと思わなくても時々遭遇するのが流れ星だった。

その時を狙って準備などしなくても良かった。

だからこそ、願い事なんてできる余裕は全くなかった。

もう見る事は叶わぬものなのだろうか。

 

日付: カテゴリ:今日の独り言, 今日の診療, 抜歯, 顕微鏡治療

咬み合わせを回復する為のオールセラミックスクラウン治療。


fnh治療前の画像。ここまで犬歯が削れてしまうと顎を横にすり潰すような動きをすると、上下の奥歯が強く当たり過ぎ、横揺れの力が加わってしまう場合がある。この症例でも奥歯が横揺れして、ヒビや歯周病の原因になる可能性が高く、犬歯の治療が必要である。

 

 

 

 

クラウンを被せる為に削ったところ。

 

 

 

 

 

型取り後、仮歯を着けたところ。

 

 

 

 

 

オールセラミックスクラウンをセット、仕上げ後の状態。

 

 

 

 

 

 

今日の独り言:『昔に戻る傾向』

24時間営業のお店でも年末年始に休むところが出始めているという。

理由は人手不足。

昔は休み自体が少なく、お盆とお正月くらいしか休みのない状況もあってか、お正月は開いているお店を探すのが大変な時期もあった。

それがいつの間にか、いつでも開いているのが普通になった感じもあった。が、ここへ来て休む時は休むのが当たり前になったせいか、人手不足の為に休業するらしい。

病院や警察など、公共性、緊急性が高いところは別として、お正月くらい日本中が休めばいいと個人的には思う。

わざわざお正月に出掛けてサービスを受ける必要があるか以前から疑問に思っていた。

理由は全く違うのに、同じ現象が起きるのは興味深い。

 

 

日付: カテゴリ:今日の独り言, 今日の診療, 審美, 顕微鏡治療

歯肉膿瘍の症例。

治療前の画像。

 

 

 

 

電気メスで肉芽を除去したところ。

 

 

 

 

切除した肉芽。

 

 

 

 

 

今日の独り言:『見たい!』

昨日、今日と流星群が見えているようだ。

流星なんてもう何十年も見ていない。

関東は絶好の流星日和らしい。

寒さに耐えて見てみたい。まずはどの時間、どの方角か調べてみよう。

 

日付: カテゴリ:その他, 今日の独り言, 今日の診療, 顕微鏡治療

インプラント、オールセラミックスクラウンのセット。

前回、2次オペ時、型取りの画像。

 

 

 

 

 

アバットメントをセットしたところ。

 

 

 

 

 

オールセラミックスクラウンをセットしたところ。

 

 

 

 

 

 

今日の独り言:『寒いけれど』

確かに寒い。

が、私の場合、駅までの道のりを耐えればいいだけだ。

表参道駅から診療所までは問題ないし、駅構内、車内は暑いくらいだ。

風さえなくて、寄り道しなければそう寒くないのでまだコートは使っていない。

果たしていつまで保つか。

日付: カテゴリ:インプラント, 今日の独り言, 今日の診療, 審美, 顕微鏡治療

オールセラミックスクラウンの症例。

治療前の画像。今から15年以上前のクラウンで摩耗して薄くなり、所々ヒビが入っている。

 

 

 

 

 

古いクラウンを外し、形成し直したところ。

 

 

 

 

 

型取り後、仮歯を着けて終了した。

 

 

 

 

 

 

今日の独り言:『便利かも』

通販を使う場合、配達日が指定できたり、前もって分かる時は問題ないがはっきりしない場合も少なくない。

そんな時はどこへ送って貰うか迷ってしまう。出来るだけ再配達は避けたいし、早く受け取りたい気持ちもある。

近くのコンビニでも受け取りができるそうだ。

コンビニに到着するとメールが来る。

これなら再配達はないし、比較的早く受け取りもできる。

メールが待ち遠しい。

 

 

日付: カテゴリ:Weblog, 今日の独り言, 今日の診療, 審美, 顕微鏡治療

インプラント埋入症例。

埋入直後の画像。

 

 

 

 

 

縫合後の画像。

 

 

 

 

 

 

今日の独り言:『期待通り』

近くのプロダクションの広場にクリスマスツリーが立った。

重機で設営していた。以前よりも大きいかもしれない。

広場が大きくなったせいか、よくわからない。

いずれにしても、賑やかになるのは良い事だ。

 

 

日付: カテゴリ:インプラント, 今日の独り言, 今日の診療, 顕微鏡治療

インプラント2次オペの症例。

2次オペ前、仮歯を外したところ。

 

 

 

 

 

2次オペ後、型取り前の画像。

 

 

 

 

 

仮歯を着けて終了した。

 

 

 

 

 

 

今日の独り言:『インフルエンザワクチンを打った。』

数年振りにワクチン接種をした。

これで万全とは行かないが、多少安全にはなるだろう。

どうしても接種後は体温は上がっていないのに熱っぽく感じたり頭が重い頭が重い感じがする。

鼻炎も少し酷くなってしまう。

まあ、気にし過ぎも良くないのでゆったり構えるようにしよう。

日付: カテゴリ:インプラント, 今日の独り言, 今日の診療, 審美, 顕微鏡治療

破折インレーからオールセラミックスクラウンへの症例。

治療前の画像。他院でのオールセラミックスインレー。歯質にもヒビがあり、クラウンを勧めた。

 

 

 

 

 

型取り前の画像。

 

 

 

 

 

仮歯を着けて終了した。

 

 

 

 

 

 

今日の独り言:『不思議』

数日前、突然wi-fiが使えなくなってしまった。

ルーター、タブレット再起動しても全くダメ。

メール受信もできない。

ところがyou何とかだけが使える。

動画が止まってしまう事もない。

未だに謎である。

日付: カテゴリ:今日の独り言, 今日の診療, 審美, 顕微鏡治療

親知らずのオールセラミックスクラウンによる治療。

治療前の画像が消えてしまった為、かなり以前の画像。見え難い1番奥。

 

 

 

 

 

型取り前の画像。

 

 

 

 

 

仮歯を着けて終了した。

 

 

 

 

 

 

今日の独り言:『まさかの閉店』

交差点角のスーパーが年内で閉店するらしい。

このお店は診療所ができる前からある、お馴染みさんだった。

詳しい事は分からないが、駅の再開発で近くのパン屋さんも閉店した。

これと関係あるのだろうか。

日付: カテゴリ:今日の独り言, 今日の診療, 審美, 顕微鏡治療