表参道 歯医者|タカシデンタルクリニック Rotating Header Image

カテゴリ: CT

体温の話

こんにちは、本日仕事始めのタカシです。

1月4日の誕生花はシネラリア、花言葉は悩める思い出、だそうです。

そのお姿です。

シネラリア

 

 

 

 

明日の誕生花はクロッカス、知っているお花です。

そして今日のお話は体温についてです。

コロナ禍の昨今、体温を計る機会も多いと思います。

ある時、夕食後に体温を計りびっくりした覚えがあります。

37℃に近かったからです。

通常36、4℃から36、6℃です。直ぐに食後だった事を思い出したのですが一時、青ざめました。

通常体温を計る時は腋窩が多いと思います。

直腸温より0、6℃程度低いです。最近ではスマホで額の温度を計る事もありますね。

この場合、額の表面温度に上乗せして補正しているはずです。

近頃は36℃に届かない低体温傾向の方が多いと聞きます。

身体の働きは化学反応である、と言っても過言ではありません。

更に化学反応は温度で左右されるのは周知の通りです。

この化学反応に最適な温度は37℃程度と考えられています。

腋窩温が36℃に届かない場合、明らかに最適な温度よりも低いと言えます。

効率良く化学反応が行われる体温であれば元気で生活できるであろう事は間違いないでしょう。

ではどうすれば体温を良い状態に維持できるでしょうか?

筋肉量が多い方は体温が高い傾向にあります。また有酸素運動も効果がある様です。

ただ、どれもハードルが高いです。

私の方法はお風呂に入る前、シャワーで尾骶骨の上付近を温める事です。この部分にある骨を仙骨と言い、ここを温めると体温を上げる効果があるそうです。

これがどの程度効果があるかは分かりませんが、今では習慣になっています。

あまり難しくなく体温を上げられる方法をこれからも探してみようと思います。

それではまたお会いしましょう。

 

 

 

日付: カテゴリ:CT, Weblog

再治療の症例。

HB869_160109135116治療前の画像。オールセラミックスクラウンは昨年の11月にセットしたもの。歯茎が腫れている。

歯肉膿瘍の可能性が高く、レーザー照射を行ったが、1週経っても改善しない。

 

 

 

DB86916_160123123612X線画像では分岐部病変による歯肉膿瘍と考えられるのだが、、、

 

 

 

SANYO DIGITAL CAMERA

CT画像で初めて分かった。神経が死んで膿が溜まったのだった。通常神経が死んで化膿する場合、もっと根の付近が多いのだが、この場合、根の先に溜まった膿が出処がなく、歯と歯茎の境目に向かった事がこの画像から分かる。

この画像は歯を正面から見たもので、この角度の撮影は通常のX線撮影では不可能である。

 

HB869_160131115343クラウン除去後、殺菌剤を入れ仮詰めした。仮歯を着ける前の画像。

 

 

 

 

 

HB869_160131120314仮歯を着け終了した。

 

 

 

 

 

 

 

今日の独り言:『CTの威力』

もちろん、通常のX線画像でもそれがなければ根の状態は分からないのだが、撮影は頬側、唇側からしかできない。その角度からでは写らない位置に病巣があるとお手上げである。しかし、CT画像ではどのような角度からでも画像を見る事ができる。今回のような例はあまり多くはないが、CT撮影でなければ病巣を確認する事はできなかった。

 

日付: カテゴリ:CT, 今日の独り言, 今日の診療, 根管治療, 顕微鏡治療

完全水平埋伏智歯の抜歯。

PBN749_150707143705X線画像。

 

 

 

 

 

SANYO DIGITAL CAMERACT画像。下顎管と接している。

 

 

HB749_150708154844口腔内画像。

 

 

 

 

 

HB749_150708155819歯茎を切開し、歯冠の位置を確認しているところ。

 

 

 

 

 

HB749_150708195329抜歯直後の画像。この後縫合して鍼治療をし終了した。

 

 

 

 

 

HB749_150709144512今日の画像。頬の腫れもなく、順調に回復傾向にある。

 

 

 

 

 

今日の独り言:『昨日の症例』

最初から時間のかかる事は患者さんにも説明してあったが、予想以上だった。

下顎管と根が触れていた事と、骨と癒着があった為に時間をかけ、慎重に進めざるを得なかった。

今日の様子では頬は腫れる心配はなさそうで安心した。

 

日付: カテゴリ:CT, 今日の独り言, 今日の診療, 抜歯, 顕微鏡治療

難しい根の治療②

DB82222_140703154314前医でCTも撮り、直ぐに抜かなくてはならない状態だと言われたそうで、そこではマイクロスコープも使っていると言う。

実際これが治療前のX線画像で、根の外へ棒状の根充材が突き出ており、骨が黒く消失している。根の中にはらせん状のネジも見える。

 

 

 

しかし、マイクロスコープで根の中を見る限り、ひび割れはない。難しい事は分かるが、即抜歯と言うほどではないようにも見える。

HB822_140717161706試しに超音波を使うとネジは直ぐに除去できた。

 

 

 

 

SANYO DIGITAL CAMERAこれが超精細モードのCT画像で、根充材が飛び出ているのが分かる。その長さは3、77mmだった。骨の消失も大きい。

根の治療だけでは無理でも外科処置を併用すれば助けられるかもしれない。

まずは根の治療をもう少し続ける事になった。もちろん顕微鏡下でなくては無理な治療である事は言うまでもない。

 

日付: カテゴリ:CT, 今日の診療, 根管治療, 顕微鏡治療

完全水平埋伏智歯の抜歯。

SANYO DIGITAL CAMERA真横に倒れた親知らずのCT画像。

お口の中ではほとんどその姿は見えない。

歯茎を切開し、歯をいくつかに分割して取り出すようになる。

 

 

 

 

HB692_140521112228殺菌、麻酔、切開直後の画像。

親知らずの姿は見えない。

 

 

 

 

 

HB692_140521123821抜歯後の画像。

途中の画像は撮影する時間がなかった。

 

 

 

 

 

HB692_140521124427縫合後の画像。

 

 

 

 

 

HB692_140521124838右側の2つが根の先である。

日付: カテゴリ:CT, 今日の診療, 抜歯, 顕微鏡治療

オールセラの再治療とGTR。人工骨、PRF併用。

HB1444_140313112138治療前の状態、オールセラミックスクラウンが破折している。

この治療は10数年前、私のところで治療したもの。また、奥の歯との間に物が挟まり易い、との事だった。歯の隙間は正常なので、原因を調べる必要がある。

 

 

HB1444_140313115124古いセラミックスを外し、接着剤を研磨除去した状態。明らかに奥の歯との間の歯茎が下がっている。骨の吸収があり、歯茎が下がっていて、ここに食片が横から入ってしまう事が分かった。

セラミックスの治療の他、骨の再生治療が必要である。

 

SANYO DIGITAL CAMERACTの画像。

骨吸収の状態が手に取るように分かる。

 

 

 

 

HB1444_140402161729

CT画像から事前に骨の吸収している部分が分かっているので、その部分を徹底的に清掃し、そこへ人工骨とPRFを充填した。

 

 

 

HB1444_140402163550縫合し、仮歯を着けて終了した。

 

日付: カテゴリ:CT, GTR(骨再生), 今日の診療, 審美, 顕微鏡治療

サイナスリフト、クレスタルアプローチ法

上顎で骨量が不足する場合、サイナスリフトやソケットリフト(サイナスフロアアレベーション)と言う方法が用いられる事がある。骨造成して骨の上縁を挙上しインプラントを埋入する。

横から行う方法もあるが、傷口が大きくなる欠点がある。歯槽頂から行う方法がクレスタルアプローチで傷口が小さくて済む利点がある。欠点は直視できない点で、事前にCT等の検査が非常に重要となる。

SANYO DIGITAL CAMERACTで横からの画像。右が後方でこの部分が特に骨量が少ない。

 

 

 

HB985_130803134339術前

 

 

 

 

 

HB985_130824112905できるだけ傷口を小さくする為に切開なし縫合なしの術式(フラップレス手術)を採用。

 

 

 

 

HB985_130824121559上顎骨を押し上げ,シート状FRP、人工骨とFRPの混合物の順で填入。

 

 

 

 

HB985_130824122941

インプラントを埋入した。

縫合は不要。

 

 

 

 

DB98526_130824123040X線写真

 

 

 

 

 

HB985_130824123202仮歯を着けて終了。

 

 

日付: カテゴリ:CT, PRF, インプラント、GBR, ソケットリフト, 今日の診療, 顕微鏡治療

下顎水平埋伏智歯の抜歯。

PBN720_130521152311少し見難いX線写真で申し訳ないが、下の親知らずである。ご覧のように横向きで骨の中、かつ前の歯と当たってしまっている。

 

 

 

SANYO DIGITAL CAMERACTでの画像。 X線写真とは印象がかなり違う。

 

 

 

 

HB720_130717111712

親知らずは口腔内カメラでは全く写っていない。

 

 

 

 

HB720_130717114512

歯茎を開いて先端が顔を出した。

 

 

 

 

HB720_130717132117

当然、一塊で抜歯は無理でいくつかに分割した。

画像は1番大きい部分で右に頭の部分があった。

左のクビレが曲者、CTでも確認でき難い位置だった。これで終了まで2時間かかってしまった。

 

HB720_130717125450

抜いた跡。この後縫合して終了した。

日付: カテゴリ:CT, 今日の診療, 抜歯

下顎水平埋伏智歯抜歯、左下8番。

他院でX線写真を撮影したところ、下の親知らずが水平に生えているが、神経(下顎管)に近く、CTでの精査を勧められた為、当院を受診との事。

CT画像を分かり易い位置で矢状断したもの。

水平に生えているだけでなく、根が2本ありそれぞれ湾曲している。

しかし、CTでみると、下顎管との距離は充分ある。

 

初診時の口腔内写真。極一部しか見えていない。

 

 

 

 

 

一塊で抜く事はできないので、分割して抜歯。左側の3つが歯冠部、右の2つが根。

 

 

 

 

 
根の部分の拡大。片方の湾曲はそれ程でもなかった。

 

 

 

 

 

 

縫合し、鍼で通電の後、終了した。

日付: カテゴリ:CT, 抜歯, 顕微鏡治療

紹介された。

当院で撮影した画像がCT製造販売メーカーのパンフレットに紹介された。

このブログで症例集CTカテゴリ6月2日分に載せた画像である。

確かに歯医者が見れば唸るような画像なのでパンフには最適かもしれない。

日付: カテゴリ:CT, お知らせ