ブログBLOG

世界の世界自然遺産#69チトワン国立公園 

こんにちは。本日ご紹介させて頂くのは、1984年に世界遺産登録されたネパール南部に位置するチトワン国立公園です。ネパールと聞くとヒマラヤ山脈の山岳地帯のイメージが強いですが、チトワン国立公園の標高は、50m~200mと亜熱帯気候で、ジャングルを保護する目的で設置された自然保護公園です。東西80km、南北23km、総面積932㎡に及ぶ広大な国立公園は、ほぼ東京23区の1.5倍のエリアを有し、絶滅危惧種も多く生息しています。それではお姿です。

絶滅危惧種のインドサイ。園内に推定600頭弱が生息しているようです。 photo by Gian Luca Sgaggero


エレファント・サファリ。もっとも人気のアクティビティで、公園内を象の背中に乗りサファリを行います。そのまま川も渡ります。photo by Stefan Krasowski

それではまたお会いしましょう。