ブログBLOG

世界の世界自然遺産#70オカバンゴ・デルタ 

こんにちは。本日ご紹介させて頂くのは2014年に世界遺産に登録された、アフリカ南部の国、ボツワナ共和国北部に広がる湿地、オカバンゴ・デルタです。デルタとは三角州の事で河口近くに砂などの堆積物でできた三角型の地形です。乾燥したカラハリ砂漠にオカバンゴ川が流れ込み、世界最大の内陸デルタを形成しています。野生動物にとって貴重な水場となっています。冬季の洪水により、居住が難しく農地開発もできなかったことで、皮肉にも、貴重な自然が保全されて来ました。それではお姿です。

オカバンコ・デルタに生息する象の群れ photo by Mario Micklisch

それではまたお会いしましょう。