ブログBLOG

世界の世界自然遺産#75グヌン・ムル国立公園 

こんにちは。本日ご紹介させて頂くのは、2000年に世界遺産登録された東南アジアの島、ボルネオ島のマレーシア領内にあるグヌン・ムル国立公園です。ボルネオ島は北西部の約1/3がマレーシア領、その他がインドネシア領ですが、一部ブルネイ領でもあります。ボルネオ島の面積は日本の1.9倍あります。ブルネイとの国境近くにムル山があり、この山域の保護を目的とした自然公園がグヌン・ムル国立公園です。グヌンとは現地語で山を指します。ムル山は石灰岩質のカルストで、以前ご紹介したマダガスカル島のツインギに似た景観と世界有数の巨大な洞窟群で知られています。それではお姿です。

ムル山のカルスト地形 photo by Paul White


世界最大級の洞窟サラワク・チャンバー photo by Eugene Yong

それではまたお会いしましょう。