ブログBLOG

世界の世界自然遺産#78マッコーリー島 

こんにちは。本日ご紹介させて頂くのは1977年に世界遺産登録されたオーストラリアの南側、南極大陸との中間に位置するマッコーリー島です。全長南北に約34km、幅は最大5kmという細長い島です。常時暴風にさらされているため木が生えず、島には草原が広がっています。85万羽を超えるロイヤルペンギンはマッコーリー島の固有種になっています。一般人の立ち入りは禁止されていますが、タスマニアから海洋動物を見るクルーズがあります。また気象的には世界に類を見ない降雨地域となっています。それではお姿です。

固有種のロイヤルペンギン photo by Kimberley Collin

それではまたお会いしましょう。