表参道 歯医者|タカシデンタルクリニック Rotating Header Image

カテゴリ: GTR(骨再生)、PRF

インプラント埋入症例。

HB793_150808103826前回抜歯し、1週後の今日の状態。

 

 

 

 

 

HB793_150808105208埋入の準備が終わり、デプスガイドを入れ、チェックしているところ。頬側の骨が不足し、インプラント表面が骨から出てしまう。この部分には増骨が必要である。GBR+PRFを行う。

 

 

 

 

HB793_150808112650増骨後縫合しオペが終了したところ。

仮歯を着け今日の治療は終了した。

 

 

 

 

 

 

今日の独り言:『楽しみ一杯』

甲子園も始まり、楽しみが増えた。

嬉しい事にテニスの方も4強進出が決定した。

これからまだまだハードコートの試合が続く。

怪我には十分注意して勝ち続けて欲しい。

 

 

 

 

 

 

日付: カテゴリ:GTR(骨再生)、PRF, PRF, インプラント, インプラント、PRF、GBR, 今日の独り言, 今日の診療, 顕微鏡治療

骨再生の症例。

HB1561_150418131108治療前の画像。

歯周の問題なので、この画像では特に問題は見えない。

 

 

 

 

PBN1561_150307120255X線画像では歯と歯の間の骨が逆三角状に消失しているのが分かる。

歯茎を開き骨の消失部分にできた悪い肉を取り去り、人工骨顆粒とPRFの混和物を充填して縫合する。

 

 

 

 

HB1561_150418144654術後の口蓋側からの画像。

 

 

 

 

HB1561_150418144702頬側からの画像。

できるだけ歯茎の保護剤が必要ないように縫合を緊密に行っている。

 

 

 

今日の独り言:スポーツカーはもはや時代に取り残されてしまったのか、ショールームの展示も最初だけだった。

今はファミリーユースの4人乗りばかり幅を利かせている。

見に行く理由もなくなってしまった。残念だ。

 

 

 

 

 

日付: カテゴリ:GTR(骨再生)、PRF, 今日の独り言, 今日の診療, 顕微鏡治療

歯茎が下がった症例の外科処置。

HB27_150404140040治療前の画像。

2本共歯茎が下がっている。

骨もなくなっているので、歯茎の処置だけでなく、骨再生処置も同時に行う。

 

 

 

HB27_150404150105処置中の画像はない。

人工骨、PRFを填入して縫合して終了した。

 

 

 

 

 

今日の独り言:今日は治療と治療の間隔が空いていたので、比較的楽に治療が進められると思っていたが、やはりそうは行かずに助手さんは残業になってしまった。

遅くなっても文句1つ言わずに残ってくれるが、この状態に甘えてはいけない、と思っている。

「時間通りに終わるのがプロ」勤務医時代の院長の言葉を思い出す。

 

日付: カテゴリ:GTR(骨再生)、PRF, 今日の独り言, 今日の診療, 審美, 顕微鏡治療

歯周病の再生療法。

HB85_150402105041治療前の画像。

特に問題なさそうに見えるが、CT検査で根を支える骨(歯槽骨)が吸収している事が分かっている。

 

 

 

 

HB85_150402105941麻酔後切開を入れたところ。

 

 

 

 

 

 

HB85_150402111030歯茎を開き、レーザー、ハンドインストルメントを使い肉芽を除去した。

 

 

 

 

 

HB85_150402123023人工骨、PRFを填入して縫合した。

 

 

 

 

 

 

今日の独り言:歯周病は歯茎の腫れや発赤のみの歯肉炎から、根を支える骨の吸収まで病態は幅広い。痛みが出にくいので初期では気付かない場合も少なくない。

糖尿病や心筋梗塞とも密接に関係している事も知られるようになって来た。

歯周病の原因は原因菌の活動と歯に掛かる力が強過ぎる事の2つである。

自分でできる事はまずは歯磨きであり、丁寧に時間をかけて磨く事に尽きる。

自分の歯を末永く使えるようにお互いに頑張ろう。

日付: カテゴリ:GTR(骨再生)、PRF, レーザー, 今日の独り言, 今日の診療, 顕微鏡治療

親知らずを移植した症例。

HB547_150401151355前回、抜歯した傷口の画像。

奥に見えるのが、親知らずで、これを移植する。

 

 

 

 

 

HB547_150401152907まず、親知らずを抜歯した。

 

 

 

 

 

 

HB547_150401155851前回の傷口を開き、親知らずの大きさまで拡大する。

 

 

 

 

 

 

HB547_150401164943移植して骨と根の隙間に人工骨とPRFを充填し、前の歯と接着して今日の治療は終了した。

 

 

 

 

 

 

今日の独り言:通常の親知らずの抜歯は簡単に行かない場合、歯をいくつかに割って抜けば良いが、移植の場合はそれができない。

根を傷めないように少しずつ抜いて行く。

また、今回、親知らずが大きく、移植床をかなり広げる必要があった。

鍼治療も併用しているが、少し腫れるかもしれない、とお伝えした。

 

 

 

 

日付: カテゴリ:GTR(骨再生)、PRF, 今日の独り言, 今日の診療, 抜歯, 移植, 顕微鏡治療

インプラント周囲の骨造成。

HB837_150301152741インプラント埋入後、部分的に骨量が足らず、3週間前に骨造成した時の画像である。

 

 

 

 

 

HB837_150325111759歯茎が開き、人工骨も一部消失、インプラント本体が見えている部分もある。

 

 

 

 

 

HB837_150325113335仮歯を外し、α-tcpの粉末でインプラント表面をクリーニングしたところ。この後、歯茎を開きクリーニング及び人工骨とPRF混和物の填入を行う。

 

 

 

 

 

HB837_150325130348縫合した後、歯茎の保護剤、仮歯を着け今日の治療は終了した。

 

 

 

 

 

今日の独り言:昨晩まであったレース仕様車が今朝見たらSUVに替わっていた。

レース仕様車をじっくり見られた験しがない。

ショールームがある限りいつかは見られるとは思うがレース仕様車に縁が薄い事は否定できなさそうだ。

 

日付: カテゴリ:GTR(骨再生)、PRF, インプラント、PRF、GBR, 今日の独り言, 今日の診療, 顕微鏡治療

GBRを用いたインプラント周囲炎の治療。

HB27_141115110423治療前の画像。中央の歯はインプラントである。

奥の歯の歯茎は退縮している。横からの力が大き過ぎるようである。

動きはないが、まずは接着剤で固定してある。

 

 

 

HB27_141115120752歯茎を開き、インプラント周囲をレーザーで処置後、PRFを用いてGBRをインプラント周囲の治療を行った。

 

 

 

 

 

HB27_141115121156歯茎の保護剤を着けて終了した。

 

 

 

 

 

 

今日の独り言:今日はご紹介したオペ以外にも午後のオペもあった。

午後の方は更に難しく、時間もかかってしまい、画像撮影は全くできなかった。

取り敢えず顕微鏡付属の動画撮影はしているが、ここにアップできるのかさえ知らない私である。

できるだけご紹介するつもりなのでこれからも立ち寄って欲しい。

 

 

日付: カテゴリ:GTR(骨再生)、PRF, レーザー, 今日の独り言, 今日の診療, 顕微鏡治療

下顎、骨の幅、高さ共に少ない症例のインプラント埋入。

HB835_141028170307治療前の画像。ブリッジを外し、仮歯にする。

 

 

 

 

 

 

HB835_141028180157ブリッジを外し、虫歯を削り形を修正したところ。

頬側の骨が特に少ない。

CTによる計測では、舌側の1番骨がある部分でも下顎管までの距離が10,66mmしかない。

 

 

 

HB835_141104111415外科用ガイドで埋入位置、角度を確認する。

 

 

 

 

 

 

HB835_141104113018ガイドを外して再度確認する。

 

 

 

 

 

 

HB835_141104125611埋入にはドリルで骨を消失してしまう事を避ける為に、改良オーグメント法を用い骨の消失を最小限に抑えた。

更にPRF、人工骨顆粒混合物を補填し、頬側を重点的に骨造成している。

舌側については骨の高さを完全に保存できたので、結果的には10mmのフィクスチャーを埋入できた。

 

 

HB835_141104134419仮歯を着けたところ。

この後、強い当たりを修正して今日の診療は終了した。

全ての診療は顕微鏡を用いて行っている。

 

 

 

 

今日の独り言:インプラントや手術の症例では画像撮影が思うに任せず、枚数が少なかったり、場合によっては治療中の画像は撮影できない事もある。

顕微鏡で動画撮影は簡単にできるので、それから画像を取り出せればいいのだが、後から確認すると、画面の端にしか写っていない事が多々ある。

術中は画面の端に寄ってしまっている意識は全くないので、撮影も訓練する必要がある。

今のところお見せしている画像は全て口腔内カメラによるものである。

 

 

 

 

 

 

日付: カテゴリ:GTR(骨再生)、PRF, インプラント、PRF、GBR, 今日の独り言, 今日の診療, 顕微鏡治療

根分岐部病変のGTR法による骨造成。

HB697_141025132524下顎奥歯は2本根がある。その根の境目周囲は歯周病になり易い。これを根分岐部病変と言う。この部分のGTR法による骨造成をお伝えする。

 

 

 

 

 

HB697_141025134750麻酔後、分岐部をレーザー、手指用器具を使って綺麗にする。

内部から悪い肉が出て来る。

 

 

 

 

HB697_141025135432ここにPRFと人工骨顆粒の混和物を充填する。

歯茎を元に戻し、隙間なく縫合する。

 

 

 

 

 

HB697_141025135743傷口に歯茎の保護剤を置き手術は終了した。

 

 

 

 

 

 

今日の独り言:先日、初めてあの話題の”俺の”と言うお店に行った。

混んでいて無理だったら引き返そう、と思っていたのだが、運良く待たずに入れた。直後に満席である。

ほとんどが、立ち食い、飲み席だ。値段は安いのに、材料は最高、味も素晴らしかった。あり得ないお得感である。

超満足。が、最後に飲んだ久しぶりのエスプレッソが本格の本格で思いっきり濃くて、翌朝まで胃がすっきりしなかった。

他の”俺”にも絶対行くつもりだ。

 

 

 

日付: カテゴリ:GTR(骨再生)、PRF, PRF, レーザー, 今日の独り言, 今日の診療, 顕微鏡治療

難しい根の治療③

DB82222_140703154314難しい根の治療②で掲載した画像。

この根の外へ突き出た白い棒状の物体(ガッタパーチャ)を外科的に取り去り、根の周りの不良肉芽を除去する必要がある。

 

 

 

 

HB822_140821112719歯茎を切開したところ。

 

 

 

 

 

 

HB822_140821132035取り出したガッタパーチャ。2つに折れてしまったが、完全に取り去る事ができた。

 

CTで計測した通り、突出部は約4mmだった。

 

 

 

 

 

 

HB822_140821125330その後、根の周囲の肉芽を取り去り、根に空いた穴を塞ぎ、人工骨とPRFを充填した。

 

 

 

 

 

 

HB822_140821131956縫合して終了した。

日付: カテゴリ:GTR(骨再生)、PRF, 今日の診療, 根管治療, 顕微鏡治療