お知らせ・ブログTOPICS / BLOG

野点傘 

こんにちは。今日も多少過ごし易い日でした。
週明けからはまた猛暑に戻る様です。
このホームページでもその画像を使っていますが、野点傘があります。
ご存じでしょうが、野点(のだて)とは野外で抹茶を楽しむ会の事です。
この時の日除けとして使われるのが野点傘です。
診療所にあるのは傘の直径が約2mのものです。高さは2m以上あります。
かなりの大きさですから、室内ではどこでも開けるものではありません。
それ以上に問題なのがこれを立てるスタンドでした。
通常、台形の箱型のものと金属円板の中央に筒を溶接したものが主流です。
箱型は和風で体裁が良いですが、大きくて値段も張ります。
円板式は和風とは程遠いのが難点です。
診療所でこの野点傘が邪魔にならず、見栄えの良い場所となると受付カウンター前しかありません。
箱型では場所を取り過ぎてしまい、傘が良い位置に収まりません。
掟破りの方法を思い付きました。
床に傘の柄の太さに穴を開け、そこに傘を挿す方法です。
実は診療所の床下には配管設備があり、約20cm床上げがしてあるのです。
カウンター近くの床下には配管設備はありません。穴を開ける事は充分可能です。
傘の柄の直径とほぼ同じサイズのドリルをネットで注文しました。
垂直に穴を開けられるかが少々難題でしたが、上手く行きました。
傘の高さが20cm低くなるとバランスがやや悪くなるので、今後高さの調節もしようと思います。
カウンター付近の画像です。




それではまたお会いしましょう。